V's CLIP

黛灰(えみやん)の施設育ちは本当?転生先や復活の可能性も調査

先日、配信内で2022年7月28日に引退すると発表した黛灰さん。

この事に非常に驚いたファンの皆様も多いのではないでしょうか?

Twitterでもトレンド入りし、この件で黛灰さんを知った、という方もいらっしゃるかと思います。

この記事ではそんなファンの方々や最近V tuberを知った方々のために、黛灰さんがどのようなVtuberなのかを調査しまとめてみました!

この記事でわかることはこちら!

  • 黛灰(えみやん)の施設育ちは本当?
  • 黛灰の転生先や復活の可能性は?

ではさっそく見ていきましょう

目次

黛灰(えみやん)の施設育ちは本当?

黛灰さんは自身の配信の中で、たびたび「幼い頃から児童養護施設で育てられ、現在も施設にお世話になっている」と話しています。

黛灰さんは幼い頃、2歳の時に両親を交通事故で亡くしており、それ以来児童養護施設に引き取られたというのです。 

ちなみに、児童養護施設は原則として暮らせるのは18歳までで、継続した支援が必要である場合は22歳の年度末まで延長可能。

黛灰さんは23歳なので本来は養護施設から自立を求められる年齢ですが、黛灰さんの場合は児童養護施設の職員さんの手伝いをして子供達の面倒を見たりしており、半ば住み込みの職員に近いのではないかと思われます。

ですが、これは黛灰というV tuberとしての設定と考える方々が多いですね。

黛灰さんのように、児童養護施設に預けられる理由には、他にもこのようなものがあるようです。

児童養護施設に預ける理由として多いもの

・父や母の養育拒否
・父や母の虐待・ネグレクト(育児放棄)
・父または母の精神疾患
・父や母の行方不明や離婚、死亡
・父や母の就労、入院、拘禁など
・児童の問題による監護困難
・破産等の経済的な理由

参考:児童養護施設とは – 全国児童養護施設協議会 (zenyokyo.gr.jp)

ちなみに、同じにじさんじに所属している加賀美ハヤトさんは、玩具会社の社長。

加賀美ハヤトさんは黛灰さんの暮らしている児童養護施設に何度かおもちゃを寄付、寄贈しているため昔からの顔見知りである、という話も配信の中でありました!

黛灰の前世「えみやん」はイケメンハーフ

ファンにとっては、重く壮絶な過去をもったVtuberとして有名な黛灰さんですが、前世はイケメンハーフなのではとささやかれています。

黛灰さんの中の人は「やみえん」という名前で活動しており、YouTuber以外に、役者して活動もしています!

目次