V's CLIP

エスコンフィールド北海道の売り子は大変?仕事内容や給料事情も!

日ハムの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールド北海道)」。

球場だけではなく周辺には、商業施設やレストラン、ホテルなども続々オープンしていますよね。

充実した環境が整っているので、エスコンフィールド北海道で働いてみたい!という方も多いと思います。

中でも試合観戦時に、スタンドをまわってビールやドリンク、食べ物などを売り歩く売り子は、女性の方に人気のお仕事!

すでに、エスコンフィールド北海道でも売り子の求人募集を開始しています。

そこで今回は、エスコンフィールド北海道の売り子の仕事内容や給料事情についてご紹介していきます!

  • 売り子バイトの仕事内容
  • 売り子は歩合制?
  • 売り子になるメリット、デメリット

それでは、さっそくチェックしていきましょう!

目次

エスコンフィールド北海道の売り子になりたい!

調べてみると、エスコンフィールド北海道の新しい綺麗な球場で、オープニングスタッフとして春から働いてみたい!という方が多くいらっしゃいました。

ただ、はじめての方は売り子って大変なのか、給料は歩合制なのか給料制なのかと、いろいろと気になりますよね。

これから一緒に、売り子の仕事内容、給料事情について確認していきましょう!

エスコンフィールド北海道|ビール売り子バイトの仕事内容

dジョブ公式サイトによりますと、エスコンフィールド北海道で募集している売り子の仕事内容は、大きく2種類ありました。

それが①ビールの売り子②売り子をサポートするチェッカーというお仕事です。

それぞれ確認していきましょう!

ビールの売り子

球場内をビールやドリンクを入れたショルダーを担ぎながら、購入したい方がいれば、コップへ注いで提供をします。

おつまみなどの食べ物を販売することもあります。

売り子は、お客様のほうから声をかけられることも多いですが、売れない時は、直接自らお客様の元へ行って「ビールはいかがですか?」と声をかけていかなければなりません。

ビールが入った樽は、10キロ以上もあるので、かなりの肉体労働。

重いビール樽を長時間背負いながら、忙しく歩き回るのには、体力が必要になってきます。

売り子サポート(チェッカー)

球場内の見回りをして、売り子に対してアドバイスや補佐をしたり、バックヤードで補充作業などの準備を行います。

補充作業は、ビールの樽を交換することやコップを追加したりするなど、売り子の業務上必要なものを準備。

球場内でのアドバイスや補佐は、1人1人の売り子をみて、行けば売れそうな場所をアドバイスしたり、指示を出したりします。

売り子というと女性のイメージが大きいですが、男性も募集受付していましたよ。

エスコンフィールド北海道のビール売り子は歩合制?

基本的に売り子の給与は、「時給+歩合制」になります。

エスコンフィールド北海道の売り子求人サイトにも、ビールの販売数によって歩合給があると、記載がありました。

どういうことか簡単に言いますと、基本時給にプラスして、個人が販売することのできたビールの杯数分が給料に加算されるということです。

例えば、東京ドームの売り子の歩合給は、

時給+100杯×30円4500円

時給+150杯×40円7500円

時給+200杯×50円1万1500円

といった感じで、売り上げた数が多いほど1杯あたりの単価も高くなるようです。

その球場ごとで、歩合給の詳細は異なります。

頑張った分だけ給料が増えれば、モチベーションが上がりますね。

売り子になるメリット

売り子経験のある方の体験談などを調べまして、売り子になるメリットをまとめてみました!

頑張った分だけ給料が増える

売り子は、時給にプラスして頑張って販売した分が給料に加算されます。

上手く売ることができれば、短期間でより多くの収入を得ることができます。

また日々の頑張りが給料にプラスに反映されるのは、やる気向上効果にも繋がります。

同世代の友達ができる

売り子のバイトは、高校生や大学生など10〜20代が多いため、同世代同士でコミュニケーションもとりやすく、励まし合うこともできるメリットがあります。

また3月から、エスコンフィールド北海道のオープニングスタッフとして働くことになる人は、みんなスタートが一緒です。

未経験の方でもスタートが一緒だといろいろなことをバイト仲間と共有することができて安心だと思います。

試合・選手が無料で間近で見れる

野球好きの人にとっては、勤務中に少しでも試合や選手の姿を見たり、その白熱している試合の空間を共有できることだけでも嬉しいですよね。

とはいっても、忙しくてそのような余裕がないかもしれませんが、慣れてきたら少しでも見れたら良いですね。

制服が可愛い

売り子のバイトが人気の理由の1つに、制服が可愛いこともあげられます。

制服が可愛いと仕事に取り組むモチベーションもあがりますよね。

コミュニケーション能力向上

売り子バイトを経験して、人とのコミュニケーション能力が上がったという方が多数いらっしゃいました。

売り子は、お客様とのコミュニケーションがとても大切になってきます。

気に入ってもらえると、わざわざお客様が遠くの席から買いに来てくれることもあるようです。

売り子経験者で、コップにビールを注いでいる約1分くらいの間、自らお客様にコミュニケーションをとるように心がけている方がいました。

そのような努力の積み重ねで給料が上がった方もいるようです。

売り子になるデメリット

https://twitter.com/mimi_noa_/status/1500041304201654276?s=46&t=BeUYwks3iyczCzwCF1XBMw

売り子として働いていく上で、デメリットになることを調べてみました。

また売り子経験者の方が、働いていて大変だったこと、きつかったことも一緒にご紹介していきます。

日焼けする

天気の良い夏場など、日差しを浴びながら暑い中での作業になるので、日焼けをすることがあります。

中には、熱中症気味になったという売り子経験者の方もいました。

ちなみに、エスコンフィールド北海道の屋根は、日本初の開閉式屋根となっています。

天候によって、25分程の時間をかけて、あの1万トンもある巨大な球場の屋根が開閉します。

日差しの強すぎる日などは、屋根が閉まってくれると良いですね。

ビール樽が重くて肩こり

10キロ以上もあるビール樽を背負って、忙しく歩きまわったり、階段の登り降りの繰り返しで、かなり体にダメージがくるようです。

肩こりや全身筋肉痛になる方も多くいらっしゃいました。

体力に自信のない方にとっては、慣れるまできついかもしれません。

そのほかにも、酔っ払いのお客様への対応が大変だったり、雨の日は売り上げが悪く長時間重いままのビール樽を背負い続けるのは、体力的にも精神的にもきついとの声がありました。

人気の高い売り子バイトですが、大変なことも多いようですね。

まとめ

今回こちらでは、エスコンフィールド北海道の売り子の仕事内容や給料事情についてご紹介してきました。

エスコンフィールド北海道では、球場内を歩き回ってお客様に直接ビールなどを販売する売り子と、売り子をサポートするチェッカーという2種類の仕事内容で求人募集してありました。

売り子は給料だけではなく、頑張って売った分が歩合制で加算されます。

頑張り次第でより多くの収入を得ることができるのが、売り子バイトの大きなメリットでもあります。

しかし、重いビール樽を背負って歩き回るのは、かなりの肉体労働で、肩が凝ったり筋肉痛になったり、慣れるまではなかなか大変なようです。

人気の高い売り子バイト、興味を持った方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

目次