V's CLIP

【ぴあアリーナMM】キャパや 座席の見え方は?周辺の暇つぶし場所も紹介

【ぴあアリーナMM】キャパや 座席の見え方は?周辺の暇つぶし場所も紹介

みなとみらいに2020年にオープンしたばかりの、ぴあアリーナMM。今年も、今注目の韓国アイドルNew JeansやASTROのメンバーがパフォーマンスをするなど、すでにイベントで大盛り上がりを見せていますね。

この記事では、ぴあアリーナMMを訪れる予定のある人向けに、ぴあアリーナMM 座席の見え方をまとめてみたいと思います。また、周辺で遊べるスポットもご紹介していきますよ。

目次

ぴあアリーナMM 座席の特徴

ぴあアリーナMM 座席は、収容人数約12,000人。コンサートに最適の、臨場感あふれる構造です。

どこからでも見やすい「ハコ型」採用

基本的な形は「ハコ型」とよばれる構造で、縦に長いぴあアリーナMM 座席が特徴的です。2階の上に3階が、3階の上に4階がそれぞれ真上にかぶさるような形になっており、どの階からもステージが近く感じられるようになっていますよ。

それゆえ、4階に行く階段は非常に急角度で造られており、高所恐怖症の人は注意が必要です。

1階席の後方は双眼鏡必須

どの階からもステージが近く見えるハコ型構造ですが、それでもぴあアリーナMM 座席が後方だと、前の人でステージが見えづらくなることはあります。ぴあアリーナMM 座席1階は高さもないので、見えない場合は大型モニターで楽しむか、双眼鏡を持参するのがおすすめですよ。

2階席はステージと同じ目線

ぴあアリーナMM 座席2階部分は、ちょうどアーティストと同じくらいの高さに設定されています。2階~4階席はコの字型になっているので、場所によってはステージにより近くなることもありますよ。アーティストを肉眼で見られるのは嬉しいですね!

2階は、正面よりもアリーナ席のほうがステージに近いので、正面になってしまったら双眼鏡の出番でしょう。

3階は少し距離あり

ぴあアリーナMM 座席が3階になると、ステージまでの距離が少しずつ長くなってきます。ステージに近いぴあアリーナMM 座席であれば、アーティストの顔が見えるくらいには楽しめますが、ぴあアリーナMM 座席正面だとさらに遠く感じてしまうようです。

また、3階以降は危険な高さとなるため、最前列席のスタンド立ち見は禁止されていますよ。

4階は意外と見やすい!

4階席は外れだと思う人が多いですが、ぴあアリーナMM 座席4階部分は想像以上に見やすいと感じる人もいるようです。

ただ、視界がより広くなるよう、足元の柵から下の座席が見える構造になっているので、高所恐怖症の人にはあまりおすすめできません。

椅子がふかふか

ぴあアリーナMM 座席に座ったという人が口をそろえて言うのが、椅子のクッション性が最高だということ。長時間座っていても疲れにくい素材で、席同士のスペースも十分。

基本的には飲食OKとのことなので、売店メニューも充実しているんです。

ぴあアリーナMMの周辺スポットも紹介!

ぴあアリーナMMの周辺で遊べそうな場所も充実していますので、まとめてみましょう。

  • みなとみらいグランドセントラルテラス
  • 横浜ランドマークタワー
  • ランドマークプラザ
  • みなとみらい東急スクエア
  • MARK IS(マークイズ) みなとみらい
  • LIVING TOWN MINATOMIRAI(リビングタウンみなとみらい)
  • リーフみなとみらい

まとめ

いかがでしたでしょうか?12月もイベント満載のぴあアリーナMM。来場の予定がある人は、ぜひぴあアリーナMM 座席もチェックした上で、バッチリなポジションでイベントを楽しんでくださいね!周辺施設も充実していますから、1日思い切り満喫できることでしょう。

目次